トウカエデ

トウカエデ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、ムクロジ目、ムクロジ科(カエデ科)の落葉高木。漢字名「唐楓」。
  • 東アジア原産。街路樹、庭園樹として植えられる。
  • 高さは10~15m。葉は対生(葉が茎の節に2枚向かい合ってつく)で薄く光沢があり上部が浅く3つに切れる。紅葉する。
  • 花期は4~5月、果期は6月。枝先に長さ3cmほどの花序(花をつける枝)を出し、両性花(一つの花に雄しべと雌しべをもつ花)と雄花をつける。花は淡緑色で直径1cmほどで花弁は5枚。実は熟すると2つに分かれて、羽根が1つずつになり落下する。
  • 江戸時代享保年間に中国から渡来したのでトウカエデ「唐楓」と呼ばれたという。

【参考文献等】

小学館の図鑑 NEO 植物(発行所:(株)小学館)

◎カテゴリー