テリハノイバラ

テリハノイバラ

【生態等】

  • 被子植物、真正双子葉類、バラ目、バラ科の落葉低木。
  • 日当たりの良い河原や草地、海岸から標高1000mほどの山地まで幅広く分布する。
  • 高さは0.5~1m。
  • 枝は長く匍匐し、鉤形の刺がある。
  • 葉は、7~9枚の小葉からなる奇数羽状複葉。
  • 小葉の表は光沢があり、深緑色。葉縁には細かい鋸歯がある。
  • 花期は6~7月。ノイバラに似るが白い花はやや大きく、3~3.5㎝。
  • 分布は、本州、四国、九州、沖縄。

【参考文献等】

原寸図鑑 葉っぱで覚える樹木(発行所:柏書房)

◎カテゴリー