ヌルデ

ヌルデ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、ムクロジ目、ウルシ科(ウルシ科)の落葉小高木。別名「フシノキ」。漢字名「白膠木」。
  • 山野に生える。
  • 高さは3~7m。葉は秋に紅葉する。
  • 花期は8~9月で、果期は10~11月。枝先に花序(花をつける枝)を出し、黄白色の数mm程度の小花を多数つける。花弁は5個で反り返っている。花序(花をつける枝)は枝の先端から上に出るが、垂れ下がることが多い。実は直径5~8mmの扁平な球形で秋に熟す。
  • 分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。
  • ウルシの仲間で、樹液が皮膚につくとウルシほどではないがかぶれる場合がある。
  • ヌルデの葉にはヌルデシロアブラムシ が寄生し、虫こぶ(虫?)を作ることがある。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.5 日本の樹木(発行所:(株)学習研究社)
鑑定図鑑日本の樹木 枝・葉で見分ける540種(出版:柏書房)

◎カテゴリー