ノブドウ

ノブドウ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、ブドウ目、ブドウ科(ブドウ科)のつる性落葉低木。
  • 林、草原、土手、空き地などに生える。
  • 互生(茎の節に1枚ずつ方向をたがえてつく)する葉に向かい合って二又に分かれる巻きひげをだす。
  • 花期は7~8月。葉の反対側に集散型の花序(花をつける枝)を出し、直径約3mmの淡緑色の花をつける。実は1つの房の中に、直径6~8mmほどの緑や白、紫、紅紫、青など色々となる。
  • 分布は日本全国。東アジア一帯、アメリカ。

【参考文献等】

小学館の図鑑 NEO 植物(発行所:(株)小学館)

◎カテゴリー