ニガイチゴ

ニガイチゴ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、バラ目、バラ科(バラ科)の落葉低木。
  • 明るい林内や縁などに生える。
  • 高さは30~50cm。茎には細い刺がある。
  • 葉は、花のつかない枝のものは長さ6~10cmで3裂し、縁には粗い鋸歯がある。
  • 花期は4~5月。果期は5~6月。花は、直径約2cmの白色の5弁花で上向きに咲く。実は直径約1cmの球形の集合果で、熟すと赤色になる。
  • 分布は本州、四国、九州。
  • モミジイチゴに似るが、花が上向きに咲き、普通は花弁が細いところが異なる。
  • クサイチゴに似るが、花径が小さく、通常は花弁が細いところが異なる。

【投稿者解説】

町田でも普通に見られる落葉性低木。茎や枝に白いロウ質の粉がつき小さいトゲがあります。果実をかむと苦みを感じるところから苦苺となりました。旧暦の5月頃熟するので、ゴガツイチゴの名もあります。
 
(主な参考文献)
神奈川県植物誌2001 神奈川県植物誌調査会編 神奈川県立生命の星・地球博物館
牧野新日本植物図鑑 牧野富太郎 北隆館
樹に咲く花(山渓ハンディ図鑑) 高橋/勝山監修 山と渓谷社
日本維管束植物目録 米倉浩司著 北隆館

◎カテゴリー