メタセコイア

メタセコイア

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 裸子植物、マツ目、ヒノキ科(スギ科)の落葉性の針葉樹。和名は「アケボノスギ(曙杉)、イチイヒノキ」。
  • 日本各地に化石として見られるが、現在のものは中国原産。1949年に譲り受け、公園や校庭などに植栽されている。
  • 高さは約25~30m。枝、葉とも対生し、葉は緑色でやわらかい。
  • 花期は2~3月で、果期は10~11月。雌雄同株。雄花は花序(花をつける枝)を出し垂れ下がる。雌花は枝先につき緑色。実は球果(松の場合は松かさ)で、秋に熟して褐色になり中から翼を持った種子が出る

【参考文献等】

小学館の図鑑 NEO 植物(発行所:(株)小学館)

◎カテゴリー