クヌギ

クヌギ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、ブナ目、ブナ科(ブナ科)の落葉高木。 漢字名「椚」。
  • 雑木林に生える。
  • 高さは約15mになる。
  • 花期は4~5月で、果期は翌年の秋に成熟。雄花の花序(花をつける枝)の長さは10cmほどで黄色い小さな花をつけ、雌花は葉の付根に小さい赤っぽい花をつける。成熟した実は直径が約2cmでドングリのなかでは大きい。実の形はほぼ球形で、半分はお椀型の殻斗につつまれている。
  • 分布は、本州、四国、九州。
  • 材は、炭やシイタケ栽培の原木になる。
  • 幹の一部から樹液がしみ出ていることがあり、カブトムシやクワガタなどの甲虫類やチョウ、オオスズメバチなどの昆虫が樹液を求めて集まる。
  • よく似た「アベマキ」は、葉裏が白い。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.5 日本の樹木(発行所:(株)学習研究社)
鑑定図鑑日本の樹木 枝・葉で見分ける540種(出版:柏書房)

◎カテゴリー