コマツナギ

コマツナギ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、マメ目、マメ科(マメ科)の落葉小低木。漢字名「駒繋」。
  • 人里・田畑,山地・原野・草原などに生える。落葉小高木。
  • 高さは50~90cm。
  • 花期は5~9月。葉のわきから花序(花をつける枝)を出し、長さ5mm程の淡紅紫色の蝶型の花を多数つける。実は長さ2.5~3cmの線形円柱状の豆果。
  • 分布は本州・四国・九州。

【参考文献等】

季節・生育地でひける 野草・雑草の辞典530種(発行所:(株)西東社)

◎カテゴリー