コボタンヅル

コボタンヅル

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、キンポウゲ目、キンポウゲ科(キンポウゲ科)のつる性半低木。
  • 日当たりの良い山野などに生える。
  • 葉は、二回三出複葉で、小葉は長さ2~4cmと小さくて細長く、大きな粗い鋸歯がある。
  • 花期は8~9月。花は直径約1.5~2cmで、がく片は白く、十字状に4枚つく。
  • 分布は関東地方、中部地方。

【参考文献等】

野山で見かける山野草図鑑 (発行所:(株)新星出版社)

◎カテゴリー