キンモクセイ

キンモクセイ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、、真正双子葉類、シソ目、モクセイ科(モクセイ科)の常緑小高木樹。モクセイ(ギンモクセイ)の変種といわれている。漢字名「金木犀」。
  • 中国南部原産で、日本には江戸時代に渡来したと言われている。主に庭木として観賞用に植えられている。
  • 花期は9~10月。雌雄異株。雄花は橙黄色の小さな花が、葉のわきにつき、強い芳香を漂わせる。
  • 日本には、雄木のみが渡来していて、果実は実らない、と言われている。

【参考文献等】

小学館の図鑑 NEO 植物(発行所:(株)小学館)

◎カテゴリー