カンヒザクラ(ヒカンザクラ)

まちだのいきものたちまちだの木竹>カンヒザクラ(ヒカンザクラ)

カンヒザクラ(ヒカンザクラ)

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」

  • 被子植物、真正双子葉類、バラ目、バラ科、中国原産の落葉高木。
  • 寒緋桜と書き、早春に緋紅色の花を咲かせることに由来する。
  • 高さは8mになる。
  • 葉は、互生し、長さ1㎝ほどの葉柄があり、葉柄の上部に蜜腺がある。
  • 葉身は長さ8~13cm幅3~4.5cmの線形。
  • 花期は1~3月。
  • 葉に先立ち、前年枝に1~2個ずつ花弁が緋紅色の花を下向きにつける。
  • 分布は、北海道、本州、四国、九州。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.5 日本の樹木(発行所:(株)学習研究社)

◎カテゴリー