イチョウ

イチョウ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 裸子植物、イチョウ目、イチョウ科(イチョウ科)の落葉高木(厳密には広葉樹にも針葉樹にも属さないともいわれる。)。漢字名「銀杏、公孫樹、鴨脚樹」。
  • 中国原産。全国で栽培されている。
  • 高さは約20~30m。葉は扇形で葉脈が付け根から先端まで伸び、葉の中央部が浅く割れている。
  • 花期は4~5月で、果期は9月~10月。雌雄異株。新芽が伸びた後に雌花、雄花とも咲く。実は雌株にのみにつく。
  • 分布は人為的な移植により現在は世界中に分布。
  • 材は油分を含み水はけがよいので、カウンターの天板・建具・家具・まな板などに利用されている。
  • 実は「ぎんなん」の名で食用にされる。

【参考文献等】

小学館の図鑑 NEO 植物(発行所:(株)小学館)

◎カテゴリー