ヒマラヤスギ

ヒマラヤスギ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 裸子植物、マツ目、マツ科(マツ科)の常緑針葉樹。
  • 庭や公園などに植栽される。
  • 高さは20~30m。
  • 葉は、長さ2.5~5cmの針形。
  • 花期は10~11月。雄花の松かさは長さ4~6cmの円錐形で秋に花粉を出す。雌花の松かさは、長さ7~13cmの樽形で、翌年の10~11月に熟して壊れ、翼状の種子を出す。
  • ヒマラヤ北西部~アフガニスタン東部原産。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.5 日本の樹木(発行所:(株)学習研究社)
鑑定図鑑日本の樹木 枝・葉で見分ける540種(出版:柏書房)

◎カテゴリー