ヒメコウゾ

ヒメコウゾ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、バラ目、クワ科(クワ科)の落葉高木。
  • 丘陵、山地の林縁や道端、荒れ地などに生える。
  • 高さは2~5m。
  • 葉は、互生(1つずつ方向をたがえてつく)し、葉身は長さ4~10cm、幅2~5cmのゆがんだ卵形。切れ込みが無いものと2,3裂するものがあり、縁に細かい鋸歯がある。
  • 花期は4~5月。雌雄同株で、雄花は新枝の基部の葉腋から長さ約1cmの花柄を数個だし、花序に多数の花を直径約1cmの球形状につける。雌花は上部の葉腋から短い花柄をだし、花序に直径約5mmの花柱が紫色の花をつける。実は、直径1~1.5cmの球形で、6~7月に橙赤色に熟す。
  • 分布は、北海道、本州、四国、九州、沖縄。
  • コウゾはカジノキとヒメコウゾの雑種とされ、雌雄異株。

◎カテゴリー