ヒイラギ

ヒイラギ

【生態等】

  • 被子植物、真正双子葉類、シソ目、モクセイ科の常緑小高木。
  • クリスマスに赤い実をつけるのは、モチノキ科のセイヨウヒイラギで別の仲間。
  • 山地に生える。
  • 高さは4~8m。
  • 葉は対生し、長さ4~7㎝。縁にとげ状の鋸歯がある。
  • 花期は11月。葉のわきに芳香のある白い花を束生する。
  • 果期は翌年6~7月。果実は長さ12~15㎜の楕円形で黒紫色に熟す。
  • 雌雄異株。
  • 分布は、福島県以西、四国、九州(祖母山)、沖縄。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.5 日本の樹木(発行所:(株)学習研究社)

◎カテゴリー