スッポンタケ

スッポンタケ

【生態等】

  • スッポンタケ目、スッポンタケ科の菌類。
  • 竹やぶ、林内の地上に発生する。
  • 幼菌時は直径が2~5cmの卵状の白い膜に覆われている。熟すと高さ9~15cm。傘は、直径3~5cmの鐘形で暗緑色。傘からは粘性のある強い臭気がある黒い液体を出す。
  • キヌガサタケに似るが、白いレース状のものがない。

【参考文献等】

増補改訂新版 山渓カラー名鑑 日本のきのこ(発行所:株式会社山と渓谷社)

◎カテゴリー