シロオニタケ

シロオニタケ

【生態等】

  • 担子菌門、真正担子菌綱、ハラタケ目、テングダケ科。
  • 全体白色、大形。傘は径9~20cm。
  • 表面は微粉におおわれ、錘状の落ちやすいいぼを多数付着する。
  • ひだはクリーム色、やや密。
  • 柄は長さ12~22cm、下部はこん棒状に大きくふくらみ、表面に多数のいぼが輪状につく。
  • つばは大形の綿質~膜質で傘が開くさい破れ落ち、柄にはほとんど残らない。
  • 夏~秋、シイ・カシ林、クヌギ・コナラ林などの地上に発生。
  • 胃腸系および神経系の中毒を起こす。

【参考文献等】

増補改訂新版 山渓カラー名鑑 日本のきのこ(発行所:株式会社山と渓谷社)
増補改訂 フィールドベスト図鑑 Vol.13 日本の毒きのこ(発行所:株式会社 学研教育出版)

◎カテゴリー