マンネンタケ

マンネンタケ

【生態等】

  • ヒダナシタケ目、マンネンタケ科の菌類。
  • 夏~秋に、広葉樹の切り株などに発生する。
  • 柄の長さは5~15cm。傘は、径が5~15cmの円形または腎臓形で、幼菌時は黄白色で成長すると赤褐色~茶褐色になる。表面には中心部から外側に向けて放射状に浅い溝のようなくぼみがある。傘の裏側は白色または黄色でヒダは無い。柄や傘の肉はコルク質。

【参考文献等】

増補改訂新版 山渓カラー名鑑 日本のきのこ(発行所:株式会社山と渓谷社)

◎カテゴリー