キツネノハナガサ

まちだのいきものたちその他の植物>キツネノハナガサ

キツネノハナガサ

【生態等】

  • ハラタケ目、ハラタケ科の菌類。
  • 夏~秋に、林内、庭、竹やぶなどに発生する。
  • 柄は、長さ4~8cm、根本は黄色でふくらむみ、全体に粉状物がつき、黄色の膜状のつばがある。
  • 傘は、径が2~4cmで、初めは円錐形で、熟すと平らに開き中央部はややくぼむ。傘の表面は白色で、放射状に溝線があり、峰の部分は黄色の粉状の細鱗片がある。
  • 日本全土に分布。

【参考文献等】

増補改訂新版 山渓カラー名鑑 日本のきのこ(発行所:株式会社山と渓谷社)

◎カテゴリー