カエンタケ

カエンタケ

【生態等】

  • 子のう菌門、フンタマカビ綱、ボタンタケ目、ボタンタケ科
  • 夏~秋にブナ、コナラなどの広葉樹林の地上に単生~群生する。
  • 表面はオレンジ色から赤色,細長い円柱状または棒状で,土から手の指が出ているように見える。
  • 高さは3~8cm。
  • 中は白く、硬い。
  • 毒性が強く、食べても触っても危険。死に至る中毒例もある。

【参考文献等】

増補改訂新版 山渓カラー名鑑 日本のきのこ(発行所:株式会社山と渓谷社)
厚生労働省 ウェブサイト「自然毒のリスクプロファイル」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000143427.html

【投稿者コメント】

芹ヶ谷公園の腐った切り株の上に見つけました。危険なので撤去しました。

◎カテゴリー