イヌセンボンタケ

まちだのいきものたちその他の植物>イヌセンボンタケ

イヌセンボンタケ

【生態等】

  • 担子菌門、真正担子菌綱、ハラタケ目、ナヨタケ科
  • 子実体は小形、時に数千本も群生する。
  • 傘は径1~1.5cm、初め卵形ののち鐘形、表面は白~灰色。
  • ひだは初め白色、のち黒色になるが、液化しない。
  • 柄は長さ2~3.5cm、半透明できわめてもろく、初め微細毛を帯びるがのち無毛となる。
  • 春から秋、朽ち木、切り株などに多数群生する。
  • 世界に広く分布するが、形態的・遺伝的な変異がおおきい。

【参考文献等】

増補改訂新版 山渓カラー名鑑 日本のきのこ(発行所:株式会社山と渓谷社)

◎カテゴリー