ラミーカミキリ

ラミーカミキリ

【生態等】

  • 節足動物門、 昆虫綱、コウチュウ目、カミキリムシ科。
  • 草地などの食草のあるところに生息する。
  • 大きさは、10~14mm。
  • 成虫の見られる時期は、5~7月。
  • 幼虫の食性は、ラミー、カラムシ、ヤブマオ、ムクゲなどの茎の髄。成虫はこれらの葉や茎。
  • 分布は、本州(関東地方以西)、四国、九州。
  • 江戸時代に日本に侵入したと言われる。

【参考文献等】

小学館の図鑑 NEO 昆虫(発行所:(株)小学館)

◎カテゴリー