マユタテアカネ

マユタテアカネ

【生態等】

  • 節足動物門、 昆虫綱、トンボ目、トンボ科。
  • 平地から丘陵地の池、沼などで発生する。
  • 大きさは、雄31~43mm、雌30~42mm。
  • 成虫の見られる時期は、6~11月。
  • 分布は、北海道、本州、四国、九州、屋久島。
  • アキアカネなどに似るが、前頭部に眉班があり、胸部の模様が特徴。
  • 雌は翅の先に褐色班があるものと無いものがある。

【参考文献等】

小学館の図鑑 NEO 昆虫(発行所:(株)小学館)

◎カテゴリー