キアシナガバチ

キアシナガバチ

【生態等】

  • 節足動物門、 昆虫綱、ハチ目、スズメバチ科。
  • 大きさは、20~26mm。
  • 成虫の見られる時期は、4~10月。
  • 幼虫の食性は、昆虫類が主で、他には小型のクモ類など。成虫は花の蜜。
  • 分布は、本州、四国、九州、南西諸島。
  • セグロアシナガバチに似るが、本種の前伸腹節には黄色の二縦線がある。

【参考文献等】

小学館の図鑑 NEO 昆虫(発行所:(株)小学館)

◎カテゴリー