キアシドクガ

キアシドクガ

【生態等】

  • チョウ目ドクガ科。
  • ミズキなどの食草の周りを昼間ゆるやかに飛ぶ。
  • 卵で越冬する。
  • 大きさは25~30㎜。
  • 成虫の見られる時期は、6月。
  • 幼虫はミズキなどを食べる。
  • 分布は、北海道、本州、四国。

【参考文献等】

小学館の図鑑 NEO 昆虫(発行所:(株)小学館)

◎カテゴリー