イカリモンガ

イカリモンガ

【生態等】

  • 節足動物門、 昆虫綱、チョウ目、イカリモンガ科の蛾。
  • 平地、山地などに生息する。
  • 大きさは、15~17mm。昼間飛び、羽を背にたたんで留まる。
  • 成虫の見られる時期は、4~9月。
  • 幼虫の食草は、イノデ属のシダ植物など。
  • 分布は、北海道、本州、四国、九州。

【参考文献等】

小学館の図鑑 NEO 昆虫(発行所:(株)小学館)

◎カテゴリー