ハラビロトンボ

ハラビロトンボ

【生態等】

  • 節足動物門、 昆虫綱、トンボ目、トンボ科。
  • 平地のガマやマコモなどが多い沼、湿原などで見られる。
  • 大きさは32㎜前後。
  • 雄は成熟するにつれて体が黒くなる。
  • 成虫の見られる時期は、4~9月。
  • 分布は、北海道南部~九州、種子島。

【参考文献等】

小学館の図鑑 NEO 昆虫(発行所:(株)小学館)

◎カテゴリー