ヤマネコノメソウ

まちだのいきものたちまちだの草花>ヤマネコノメソウ

ヤマネコノメソウ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、ユキノシタ目、ユキノシタ科(ユキノシタ科)の多年草。
  • 山の林下や流れのそば、人家のまわりの湿った日影などに生える。
  • 全体に白いちじれた毛があり、非常に柔らかく折れやすい。
  • 茎の基部に花が終わると小さな汚紫色のむかごができる。
  • 高さは10~20cm。
  • 茎葉は互生し、腎円形で長さ1~3cm、平らな鋸歯がある。
  • 花期は3~5月。花茎には2~3枚の小形の葉がつき、茎頂に淡緑色の花を多数つける。
  • 果実はさく果で洋杯形。
  • 分布は北海道(南西部)、本州、四国、九州。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.1~3 日本の野草(発行所:(株)学習研究社)
山渓ハンディ図鑑2 山に咲く花 増補改訂新版(発行所:(株)山と渓谷社)

◎カテゴリー