ヤブカラシ

ヤブカラシ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、ブドウ目、ブドウ科(ブドウ科)の多年草。
  • 林の縁や人家の周りなどに生える。
  • つる性。根茎は長く地中に伸びる。茎は短毛があり角ばっており、葉と対生(2つが向かい合ってつく)に巻きひげを出して他のものにからみ、長さ2~4mになる。
  • 葉は、長い柄の先につく5枚の小葉。
  • 花期は7~9月。葉に対生して平たい花序をつけ、直径約7mmの花をつける。花は、オレンジ色の花盤の周りに4枚の緑色の花弁があり、花弁は開花するとすぐ落ち、花盤がピンク色に変わる。
  • 分布は北海道(南西部)、本州、四国、九州、沖縄。
  • 他の植物におおいかぶさって枯らすことからこの名。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.1~3 日本の野草(発行所:(株)学習研究社)

◎カテゴリー