ウマノスズクサ

ウマノスズクサ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、基部被子植物群、コショウ目、ウマノスズクサ科(ウマノスズクサ科)のつる性の多年草。
  • 川の堤や原野、林の縁などに生える。
  • 名は果実の形をウマの首にかける鈴に見立てたもの。
  • 茎はまわりのものにからんでのび、長さ1~5mになる。
  • 葉は、有柄で互生し、長さ4~7㎝の三角状卵形で、
    基部は心臓形で両端は耳状にはり出す。
  • 花期は7~9月。葉腋にサキソフォンに似た形の花が1個ずつつく。
  • ジャコウアゲハなどの食草になる。
  • 分布は本州(関東地方以西)四国、九州、沖縄

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.1~3 日本の野草(発行所:(株)学習研究社)
山渓ハンディ図鑑1 野に咲く花 増補改訂新版(発行所:(株)山と渓谷社)

◎カテゴリー