ツワブキ

ツワブキ

【生態等】

 

  • 被子植物、真正双子葉類、キク目、キク科の多年草。
  • 暖地の海辺や疎林下、やぶ地などに生える。
  • 高さは30~75㎝。
  • 葉は光沢があり、ツヤブキが転じてツワブキの名がある。
  • 庭などにも植えられ、園芸種には斑入りもある。
  • 若葉の葉柄はフキと同じく食用になる。
  • 花期は10~12月。花は舌状花と管状花からなる。
  • 分布は太平洋側は福島県以南、日本海側は石川県以西、四国、九州、沖縄。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.1~3 日本の野草(発行所:(株)学習研究社)
山渓ハンディ図鑑1野に咲く花 増補改訂新版(発行所:(株)山と渓谷社)

◎カテゴリー