ツクバトリカブト

まちだのいきものたちまちだの草花>ツクバトリカブト

ツクバトリカブト

【生態等】

 

  • 被子植物、真正双子葉類、キンポウゲ目、キンポウゲ科の多年草。
  • 筑波山で発見された。
  • 茎は高さ0.6~1.5m、林縁などでは斜上し、草原では直立する。
  • 葉は、3全裂し、長さ幅とも9~20㎝、花は長さ3~4㎝。
  • 花期は8~10月。
  • 分布は東北地方南部の太平洋側から関東地方のほぼ全域、中部地方内陸部の高原。

【参考文献等】

山渓ハンディ図鑑2 山に咲く花 増補改訂新版(発行所:(株)山と渓谷社)

◎カテゴリー