タマノカンアオイ

まちだのいきものたちまちだの草花>タマノカンアオイ

スタマノカンアオイ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、モクレン類、コショウ目、ウマノスズクサ科(ウマノスズクサ科)の多年草。
  • 丘陵地の林に生える。
  • 高さは5~10cm。
  • 葉は、長さ幅とも5~13cmの卵円形。
  • 花期は4~5月。花は、直径約2cm長さ約1cmの筒型で、地面に接して咲く。
  • 分布は東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.1~3 日本の野草(発行所:(株)学習研究社)

【投稿者解説】

多摩丘陵で最初に確認され、早春に開花し、葉がアオイに似ているとしてこの名がつきました。落葉樹林の下で暗紫色の地味な花は落ち葉に隠れるように咲きます。キノコバエがキノコと間違えてこの花の中に産卵し、その際花粉を媒介することが知られています。

(解説者:yo.TANAKA)

(主な参考文献)
神奈川県植物誌2001 神奈川県植物誌調査会編 神奈川県立生命の星・地球博物館
植物の世界(週刊朝日百科) 岩槻/大場他監修 朝日新聞社
日本維管束植物目録 米倉浩司著 北隆館

◎カテゴリー