タコノアシ

タコノアシ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、ユキノシタ目、タコノアシ科(ユキノシタ科)の多年草。
  • 花や実がびっしり並んだ花序を、吸盤が多い「蛸の足」に見立てたものという。
  • 湿地や沼、休耕田などに生える。
  • 高さは30~80cmで、茎は赤みを帯びることが多い。
  • 葉は、互生し、長さ3~10cm、幅0.5~1cmの狭披針形。
  • 花序の枝ははじめうず巻き状になっているが、やがてまっすぐにのびる。
  • 花期は8~9月。花は直径約5mmで、花弁はない。
  • 果実は蒴果で、上部が上に裂け、帽子のように落ちる。
  • 分布は本州、四国、九州。

【参考文献等】

山渓ハンディ図鑑1 野に咲く花 増補改訂新版(発行所:(株)山と渓谷社)

◎カテゴリー