スズメウリ

スズメウリ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、ウリ目、ウリ科(ウリ科)のつる性1年草。
  • 林の縁ややぶなどに生える。
  • 果実はカラスウリより小さいのでスズメの名がついたといわれる。
  • 茎は細く、巻きひげで他のものにからんでのびる。
  • 葉は、節から巻きひげと対生状にでる。
  • 葉身は長さ3~5cm内外の三角状の心臓形で質はうすく、縁に歯牙状のあらい鋸歯がある。
  • 花期は8~9月。雌雄同株で、葉のわきに雄花と雌花を単生する。雄花は枝先に総状につく。
  • 果実は12mm内外の球形。
  • 分布は、本州、四国、九州。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.1~3 日本の野草(発行所:(株)学習研究社)

◎カテゴリー