シマスズメノヒエ

まちだのいきものたちまちだの草花>シマスズメノヒエ

シマスズメノヒエ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、単子葉類、イネ目、イネ科(イネ科)の多年草。
  • 道ばたやあぜ道など、あまり乾燥しない場所に生える。
  • 高さは50~150cm。茎は直立か、やや斜めに伸びる。
  • 葉は長さ10~30cm、幅は3~12mm。
  • 花期は7~11月。茎の先に長さ5~9cmの花序を3~6個出し、花序の片側に長さ3~3.5mmの卵形で先がとがった小穂を2、3列に密生する。小穂は緑色で縁に長い毛が多数出る。
  • 南アメリカ原産の帰化植物。
  • 在来のスズメノヒエと比べると、小穂の縁に毛があることで区別される。

【参考文献等】

特徴がすぐわかる 学研生物図鑑 野草Ⅰ、Ⅱ 児山敬一 (株)学習研究社発行

◎カテゴリー