シロバナマンジュシャゲ

まちだのいきものたちまちだの草花>シロバナマンジュシャゲ

シロバナマンジュシャゲ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、単子葉類、クサスギカズラ目、ヒガンバナ科(ヒガンバナ科)の多年草。
  • 田のあぜ、土手、道ばたなどに生える。
  • 高さは30~50cm。地下に鱗茎(タマネギのような形)がある。
  • 葉は、線形。花後に出て花の時期にはない。
  • 花期は9~10月。花柄の先に5~10個の白色の花をつける。
  • ヒガンバナとショウキズイセンとの交雑種と言われる。
  • ヒガンバナとは異なり、葉の幅が10~15mmと広く、花びらも強くは反曲しない。

【参考文献等】

日本の野生植物 草木 (発行所:(株)平凡社)

◎カテゴリー