オオバギボウシ

オオバギボウシ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、単子葉類、クサスギカズラ目、クサスギカズラ科(ユリ科)の多年草。
  • 山地の草原に生える。
  • 高さは60~100cm。
  • 葉は根元からの長い柄につき、長さ18~30cm、幅10~15cmの卵状楕円形で支脈が溝状になる。
  • 花期は7月~8月。長い花茎に長さ45~55mmの淡紫色の花を穂状に多数つける。実は長さ20~30mmの長楕円形。
  • 分布は北海道南西部、本州、四国、九州。
  • 若葉は毒草の「コバイケイソウ」によく似ている。

【参考文献等】

特徴がすぐわかる 学研生物図鑑 野草Ⅰ、Ⅱ 児山敬一 (株)学習研究社発行
東京都薬用植物園ホームページ

◎カテゴリー