オオイヌタデ

オオイヌタデ

【生態等】

 

  • 被子植物、真正双子葉類、ナデシコ目、タデ科の1年草。
  • 野原、田畑、道ばた、荒れ地などに生える。
  • 名はイヌタデににて大型なことによる。
  • 高さは80~150㎝。
  • 葉は、互生し、長さ15~20㎝、幅2~5㎝の披針形~倒卵披針形で短毛があり、
    裏面に腺点がある。
  • 葉鞘は筒状で長さ1~2㎝、花序は長さ3~7㎝の穂状で先端が垂れる。
  • 花期は6~10月。
  • 分布は北海道、本州、四国、九州。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.1~3 日本の野草(発行所:(株)学習研究社)

◎カテゴリー