ナンバンギセル

ナンバンギセル

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、シソ目、ハマウツボ科(ハマウツボ科)の1年生の寄生植物。
  • 別名「オモイグサ」。思草の名で万葉集に詠まれている。
  • 山野に生え、ススキの根に寄生する。
  • 高さは10~20cm。
  • 茎はほとんど地上に出ず、ごく短く、数枚の鱗片葉のわきから花柄を直立する。
  • 花柄は赤褐色で先端に1個の花をやや下向きにつける。花期は7~9月。
  • 萼は舟形で、長さ20~30mm。
  • 花冠は筒部が長く、長さ30~40mm。雄しべは4本m、うち2本が短い。
  • 果実はさく果で種子は多数。
  • 分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.1~3 日本の野草(発行所:(株)学習研究社)
山渓ハンディ図鑑1 野に咲く花 増補改訂新版(発行所:(株)山と渓谷社)

◎カテゴリー