ナガバジャノヒゲ

まちだのいきものたちまちだの草花>ナガバジャノヒゲ

ナガバジャノヒゲ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、単子葉類、クサスギカズラ目、クサスギカズラ科(ユリ科)の多年草。
  • 林下などに生える。
  • 長さ30~40cm。
  • 葉は、根生し、長さ30~40cm幅1.5~2.5mmの線形。
  • 花期は7~8月。葉の間から5~10cmの花柄をだし、白~淡紫色の花をつける。実は直径約8mmの濃青紫色の球形。
  • 分布は北海道、本州、四国、九州。
  • ジャノヒゲに似るが、本種は葉や花柄が長く、葡枝(地面に沿って枝を伸ばして増える)を出さないのが特徴。

◎カテゴリー