マルバルコウ

マルバルコウ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、ナス目、ヒルガオ科(ヒルガオ科)の1年草。別名「ルコウアサガオ」。
  • 林縁、、道ばた、畑、芝地などに生える。
  • つる性で茎は1~2m。
  • 葉は、無毛の先のとがった心臓状円形で、基部の両端の先がとがる。
  • 花期は6~10月。葉柄の脇から花柄を出し、長さ約2cmの筒部がある、直径1.5~2cmの朱赤色の花を3~5個つける。
  • 熱帯アメリカ原産の帰化植物。本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄に分布。
  • 江戸時代に観賞用に導入したものが野生化したといわれている。

【参考文献等】

季節・生育地でひける 野草・雑草の事典530種 (発行所:(株)西東社)

◎カテゴリー