ミズタマソウ

ミズタマソウ

【生態等】

 

  • 被子植物、真正双子葉類、フトモモ目、アカバナ科の多年草。
  • 山野の林の下や木陰に生える。
  • 名は球形の子房に白い毛が密生しているのを露のついた水玉にたとえたもの。
  • 高さは20~60㎝。
  • 葉は、対生し、長さ3~10㎝、幅1.5~4㎝の長楕円披針形。
  • 花期は8~9月。
  • 分布は北海道、本州、四国、九州。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.1~3 日本の野草(発行所:(株)学習研究社)

◎カテゴリー