ミソハギ

ミソハギ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、フトモモ目、ミソハギ科(ミソハギ科)の多年草。  別名「ボンバナ、ショウロウバナ、ミズカケバナ」。
  • 山野の湿地などに生え、田の溝でなどで栽培もされる。
  • 高さは50~100cm。茎は直立し上部で枝分かれする。
  • 葉は、対生(2つが向かい合ってつく)し、長さ2~6cmの披針形。
  • 花期は7~8月。上部の葉の脇に、直径7~9mmの紅紫色の花をつける。
  • 分布は北海道、本州、四国、九州。
  • 「ミソギハギ(禊萩)」の略からこの名といわれる。
  • 盂蘭盆の供花や供物に水をそそぐのに用いる。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.1~3 日本の野草(発行所:(株)学習研究社)

◎カテゴリー