マヤラン

マヤラン

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、単子葉類、キジカクシ目、ラン科(ラン科)の多年草。
  • 常緑林内に生える腐性の多年草。
  • 名は最初の発見地神戸市摩耶山にちなむ。
  • 根茎は多肉で長くはい、分枝する。花茎は高さ10~30㎝。
  • 花期は7~8月。花は茎頂に数個まばらにつき、白色で紅紫色を帯びる。
  • 分布は本州(関東地方南部以西)、四国、九州、沖縄。

【参考文献等】

山渓ハンディ図鑑2 山に咲く花 増補改訂新版(発行所:(株)山と渓谷社)

◎カテゴリー