クマツヅラ

クマツヅラ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」

  • 被子植物、真正双子葉類、シソ目、クマツヅラ科の多年草。
  • 山野や道ばたなどに生える。
  • 漢方では馬鞭草(バベンソウ)といい、腫れ物などの薬用となる。
  • 茎は四角く、上部で枝を分ける。
  • 高さは30~80㎝。
  • 葉は、長さ3~10㎝、幅2~5㎝の卵形で、
    ふつう3裂し、裂片はさらに羽状に切れ込む。
  • 花期は6~9月。枝の先に細長い穂状花序を出し、
    淡紅色~紫色の小花をつける。
  • 分布は本州、四国、九州、沖縄

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.1~3 日本の野草(発行所:(株)学習研究社)
山渓ハンディ図鑑1 野に咲く花 増補改訂新版(発行所:(株)山と渓谷社)

◎カテゴリー