コオニタビラコ

コオニタビラコ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、キク目、キク科(キク科)の2年草。別名「タビラコ」。
  • 田、あぜ道、河川敷などに生える。
  • 高さは約10cm。
  • 葉は、羽状に裂けロゼット状につく。
  • 花期は3~5月。花茎のを複数たて、直径約1cmの黄色い頭状花をつける。花は夕方や曇りには閉じ、日があたると開く。
  • 分布は本州、四国、九州。
  • 春の7草のひとつ(ホトケノザ)。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.1~3 日本の野草(発行所:(株)学習研究社)
季節・生育地でひける 野草・雑草の事典530種 (発行所:(株)西東社)

◎カテゴリー