コミカンソウ

コミカンソウ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、キントラノオ目、コミカンソウ科(トウダイグサ科)の1年草。
  • 果実を小さなミカンに見立てた。
  • 畑や道ばたなどに生える。
  • 高さは10~40cm。
  • 茎は赤みを帯びる。
  • 横枝は、両側に葉が規則正しく互生するので、羽状複葉のように見える。
  • 葉は0.6~1.5cmの長楕円形~倒卵形。
  • 花はごく小さく、上部の葉腋に雄花、下部の葉腋に雌花がつく。
  • 実は直径約2.5mmで赤褐色。
  • 花期は7~10月。
  • 分布は本州、四国、九州。

【参考文献等】

山渓ハンディ図鑑1 野に咲く花 増補改訂新版(発行所:(株)山と渓谷社)

◎カテゴリー