ケキツネノボタン

まちだのいきものたちまちだの草花>ケキツネノボタン

ケキツネノボタン

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、キンポウゲ目、キンポウゲ科(キンポウゲ科)の多年草。 別名「コンペイトウグサ」。
  • 山野や田のあぜなどに生える。
  • 高さは15~60cm。茎は基部で枝分かれする。
  • 葉は小葉が左右1枚、先端1枚でボタンの葉の形に似ている。セリと異なり葉柄の基部が茎を抱く。
  • 花期は4~7月。花柄に直径約1cmの黄色い花をつける。実は緑色の金平糖のような形をしている。
  • 分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。
  • 幼葉はセリと似るが有毒植物なので注意を要する。誤って食べると口腔内や消化器に炎症を起こし、茎葉の汁 が皮膚につくとかぶれる。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.1~3 日本の野草(発行所:(株)学習研究社)

◎カテゴリー