カントウタンポポ

まちだのいきものたちまちだの草花>カントウタンポポ

カントウタンポポ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、キキョウ類、キク目、キク科(キク科)の多年草。別名「アズマタンポポ」。
  • 野原、道ばた、草地、丘陵などに生える。
  • 高さは10~20cm。茎は中空で、切ると白い乳液が出る。
  • 根生葉は、ロゼット状につき、倒披針形で羽状に深裂する。
  • 花期は3~5月。根生葉の中心から花茎を出し、茎頂に直径3.5~4cmの黄色の花をつける。花は多くの舌状花だけからなる。
  • 分布は本州(関東地方、静岡・山梨)。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.1~3 日本の野草(発行所:(株)学習研究社)
季節・生育地でひける 野草・雑草の事典530種 (発行所:(株)西東社)

【投稿者解説】

頭花を外側から押さえている総苞片が立っていて反り返らない。春に開花し他花受精で種子を作り、夏になると枯れて休眠するのが普通。セイヨウタンポポに比べると頭花が大きく、花の数は少ないとされるが、それだけで個々の区別はできない。人の手で攪乱されていない草地ではかなり残っている。花が終わると出来る穂が「たんぽ」に見立てて名がついたとする説がある。(タンポポの仲間についてはセイヨウタンポポを参照)

(解説者:yo.TANAKA)

(主な参考文献)
神奈川県植物誌2001 神奈川県植物誌調査会編 神奈川県立生命の星・地球博物館
植物の世界(週刊朝日百科) 岩槻/大場他監修 朝日新聞社
牧野新日本植物図鑑 牧野富太郎 北隆館
日本維管束植物目録 米倉浩司著 北隆館

◎カテゴリー